あぼどでぃんがう風

*

ノンタイトルだった

      2016/11/02

最近、昔読んだ徳川家康に関する本の中で、家康が配下の者に対し運命、宿命、天命について教育していた場面を思い出しながら、自分の生きてきた道を思い返すことが多くなった。 ea4d0e02eea9a51ec14eb508ac99ee85_s 家康によると、人間には常に運命と宿命と天命の三つが働きかけている。ここに小さな茶碗一つを乗せた丸盆があると想像してみよ。その中の茶碗が人で、この茶碗(人間)が自由に動ける盆の縁までが運命である。 そしてぶつかって動けなくなるところ、すなわち盆の縁が宿命である。 さらに茶碗や盆や盆の縁などの、これら一切をつくり出しているものを天命と言う。 人間は、この天命を悟ったときに始めて自分を活かしきることができる。というものであった。 70代という年になった今の自分は、生きてきた自分の過去を振り返り、自分の運命と宿命というものをうっすらとわかったつもりでいるが、はたして自分の天命というものを悟っただろうか。 親に不孝をし、家族に迷惑ばかりかけてきた自分はこれからどうやって生きていけば与えられた天命に従ってまわりのものに恩返しができるのだろうか。 もうすぐ6月だが、今日はやっと涼しくなってきたので空いた時間に何か始めてみようと色々考えた結果、以前から興味のあった切り絵を始めてみました。 切り絵といっても紙を二つに折ってハサミで切り抜くものや、最近ではハサミ1本でレースの様な細かい模様を切っていくものまで様々な種類の中から、1番スタンダードで始めやすそうなデザインカッターを使っての切り絵を始める事にしました。 まず必要な道具を揃える為どんな道具が必要なのかネットで調べたりしながらメモを片手に、大型の文房具屋さんに行ってみました。 まず、デザインカッター。これがまた思っていた以上に種類があり、カッターだけで15分も悩んだ末細めのペンタイプのカッターを購入。 次に色画用紙のセットと、下描きや原図を写し描きする為のトレーシングペーパーを購入。 次に切り出す時に下に敷くマットと、固定する為のテープは100円ショップでも売っていたのでそちらで購入。 早速家に帰りまずは練習がてらネットから画像を印刷して切ってみる事に。始めてみたらこれが難しい…(笑) 曲線の切り出しや、細かい部分、カッターの使い方に慣れるまでコツコツ色々な絵で練習しました。 今ではまだまだ雑な部分もあったりですが、デザインも自分で描いたりしながら楽しく空いた時間に作っています。かなり集中力がいるので目や肩がコリますが、継続は力なり!これからももっと細かい作品が切れるように楽しく続けて行こうと思います。

 - 未分類